時速30kmで公道OKなおすすめ電動キックボード5選!走行ルールや選び方も紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。
時速30kmで公道OKなおすすめ電動キックボード5選!走行ルールや選び方も紹介
この記事のまとめ

当ブログ【ゆんとも】では、時速30kmで公道走行可能なおすすめ電動キックボード5選を紹介!

違反しないための正しい走行ルールや、電動キックボードの選び方も紹介しています。

電車や車に代わる移動手段として注目を集めている電動キックボード。

電動キックボードに乗る

ネットで電動キックボードのことを調べていると、

  • 公道走行できない
  • 道路交通法の基準を満たしていない
  • 修理したいけど、修理できるお店がない

といったモデルが多数販売されています。

当ブログ【ゆんとも】では、メーカーサポートが充実していて、時速30kmで公道が走れるおすすめ電動キックボードを厳選して紹介!

「おすすめが早く知りたい!」方も多いと思うので、イチオシ5選の比較表をはじめに載せておきます。

30km/hで公道走行可能な電動キックボード

スクロールできます
メーカー
モデル
画像価格バッテリー容量
航続距離
充電方法モーター出力タイヤサイズ重量メーカー保証椅子折りたたみカギ
SWALLOW
ZERO9
SWALLOW「ZERO9」159,300円13Ah
~40km
車体に直接繋ぐ600W9インチ19.6kg6ヶ月
(オプション)
Coswheel
MIRAI T
COSWHEEL「MIRAI T]176,000円10Ah
約30~40km
取り外して充電
or
車体に直接繋ぐ
500W10インチ25kg1年
YADEA
KS5PRO
YADEA「KS5PRO」182,600円15.6Ah
最大60km
車体に直接繋ぐ500W10インチ23kg1年
AINOHOT
H001
AINOHOT「H001」128,000円10Ah
約30~40km
車体に直接繋ぐ350W前 20インチ
後 16インチ
18.45kg1年
BLAZE
EVスクーター
BLAZE「EVスクーター」164,780円10.4Ah
~35km
車体に直接繋ぐ350W10インチ24.6kg半年~
1年

「特徴の違いは分かったけど、自分にピッタリのモデルはどれ?」と迷う方のために、あなたにぴったりモデルを紹介!

あなたにピッタリのモデルはこれ!

  • パワフルな走りができるモデルを探している:SWALLOW「ZERO9
  • 坂道が楽に登れて、イス付きモデルを探している:Coswheel「MIRAI T
  • 長距離走れる+操作しやすいモデルを探している:YADEA「KS5PRO
  • 手頃な値段安定感バツグンのモデルを探している:AINOHOT「H001
  • サイズがコンパクトで、イス付きモデルを探している:BLAZE「EVスクーター

気になるモデル名をタップすると、くわしい特徴までジャンプできます。

電動キックボードのことをくわしく知ってからモデルを決めたい方は、これからご紹介する豆知識から見ていきましょう。

おすすめ電動キックボード
(タブごとに見れます)

当ブログ限定 1,000円OFFのクーポンを手に入れる方法は、こちら
  1. 公式サイトに行く
  2. 商品を選んでお買い物すれば、1,000円OFFが自動的に適用されます

免許不要で乗れる特定小型原付の電動キックボードのおすすめは、下記の記事で紹介しています。

ゆんとも
電動アシスト自転車・電動キックボードマニア
・これまでに乗った電動自転車は60台以上
・最近は電動キックボードにハマり中
・YouTubeでもコンテンツ配信中!
PANORAMA
タップできる目次

電動キックボードの豆知識

電動キックボードの豆知識

電動キックボードのことでおさえておきたいポイントは、次の2つです。

電動キックボードの豆知識

電動キックボードは全部で3種類

電動キックボードは、全部で3種類あります。

電動キックボードの種類

それぞれの特徴は、次のとおり。

原付区分特定小型原付区分それ以外
公道走行
歩道走行○(6km/h以下)
*条件付き
免許証
年齢免許に準ずる16歳以上子供でも可
ヘルメット努力義務努力義務
最高速度表示灯
ナンバープレート
自賠責保険の加入

公道走行が可能なのは、「原付区分」と「特定小型原付区分」に該当する電動キックボードの2つです。

それ以外の電動キックボードは、私有地や走行が認められた場所でしか使用できないので注意しましょう。

「特定小型原付」に該当する電動キックボードは、免許不要・ヘルメットの着用は努力義務で乗れますが、

最高速度が20km/h最高速度表示灯の装備が必要です。

最高速度表示灯とは、スピードを6km/h以下に落としたとき緑色にライトが点滅、それ以外は緑色に点灯するライトのこと

走行ルール

原付区分特定小型原付それ以外
公道走行
歩道走行○(6km/h以下)
*条件付き
最高速度30km/h20km/h20~30km/h

出力規格0.5kW~0.6kWモーターを搭載している原付区分の電動キックボードは最高速度が時速30kmまでなのに対し、

ヘルメット着用が努力義務の特定小型原付の電動キックボードは時速20kmまでとなっています。

特定小型原付に該当する電動キックボードは、普通自転車歩道通行可の標識があるかつ、時速6km以下にスピードを落とせば歩道走行できます。

普通自転車歩道通行可の標識
普通自転車歩道通行可の標識

公道走行が可能な電動キックボードおすすめ5選

公道走行が可能な電動キックボードおすすめ5選

公道走行が可能で、最高速度が時速30kmまで出る電動キックボードを5つ紹介します。

SWALLOW「ZERO9」

1つ目のおすすめは、SWALLOW「ZERO9」です。

SWALLOW「ZERO9」
バッテリー容量
航続距離
13Ah
~40km
イスなし
モーター出力600Wカギあり
(オプション)
タイヤサイズ9インチメーカー保証6ヶ月

日本で1番早く電動キックボードを発売したSWALLOW。

モーター出力規格600WのZERO9は、本記事で紹介している5つのモデルの中で最もパワフルな走行ができます。

SWALLOW「ZERO9」の良かったところ

車体の重量が19.6kgと他のモデルと比べて5kg~10kg軽いため、扱いやすいところも魅力的なポイント。

パワフルな走り扱いやすさで選ぶなら、SWALLOW「ZERO9」がおすすめです。

当ブログ限定 1,000円OFFのクーポンを手に入れる方法は、こちら
  1. 公式サイトに行く
  2. 商品を選んでお買い物すれば、1,000円OFFが自動的に適用されます

Coswheel「MIRAI T」

2つ目のおすすめは、Coswheel「MIRAI T」です。

バッテリー容量
航続距離
10Ah
約30~40km
イスあり
モーター出力500Wカギあり
タイヤサイズ10インチメーカー保証1年

Coswheel「MIRAI T」の特徴は、立ち乗りと座り乗りの2WAY乗りができるところ。

立ち乗り
立ち乗り
座り乗り
座り乗り

立ち乗りで疲れたときや、信号待ちのちょっとした時間に座れるところがいいですね。

また、次の点もMIRAI Tの魅力です。

  • 防犯対策のカギが標準装備
  • バッテリーが取り外して充電できる
  • メーカー保証が1年間と長い

イスやカギが付いていてメーカーの保証期間が長いモデルを探しているなら、Coswheel「MIRAI T」がおすすめです。

YADEA「KS5PRO」

3つ目のおすすめは、YADEA「KS5PRO」です。

YADEA「KS5 PRO」
バッテリー容量
航続距離
15.6Ah
最大60km
イスなし
モーター出力500Wカギあり
タイヤサイズ10インチメーカー保証1年

YADEAは、電動モビリティの販売台数が世界一と業界をリードしている企業。

KS5PROは大容量バッテリー15.6Ahを搭載、1回の充電で走れる距離が他のモデルと比べて20~30km長いところが特徴です(最大航続距離60 km)。

Bluetoothでスマホアプリと機体を連携させることで、カギのロックと解除がスマホで操作できます。

速度操作やバッテリーを確認するモニターがハンドル中央にあり、操作しやすいYADEA「KS5PRO」。

1回の充電で長く走れて、毎回の操作がストレスフリーな電動キックボードを探しているなら、YADEA「KS5PRO」がおすすめです。

AINOHOT「H001」

4つ目のおすすめは、AINOHOT「H001」。

安定感抜群の走り
バッテリー容量
航続距離
10Ah
~40km
イスなし
モーター出力350Wカギあり
タイヤサイズ前 20インチ
後 16インチ
メーカー保証1年

AINOHOT「H001」の特徴は、なんといってもタイヤのサイズ。

前タイヤが20インチ、後ろタイヤが16インチと他社の約2倍あるため、圧倒的な安定感があります。

価格が10万円前半と、他社と比べて手頃の価格設定なところも魅力的なポイント。

タイヤが大きく安定感バツグンで、値段が安い電動キックボードを探しているなら、AINOHOT「H001」がおすすめです。

公式サイト限定
カギ+ヘルメット 無料プレゼント

当ブログ限定 カギ+ヘルメットが無料になるクーポンを手に入れる方法
クーポン特典
  • 公式サイトにいき、車体本体・カギ・ヘルメットの3点をカートに入れる。(カギ・ヘルメットの場所は、下記参照)
  • ご購入手続きに進む
  • クーポンコード入力欄に「NTVC7BT1PEN3」と記入する
  • すると、カギとヘルメットが無料になります

クーポンの入力

クーポンコード入力

プレゼントパーツの場所

パーツの場所

BLAZE「EVスクーター」

5つ目のおすすめは、BLAZE「EVスクーター」。

BLAZE「EVスクーター」
バッテリー容量
航続距離
10.5Ah
~35km
イスあり
モーター出力350Wカギあり
タイヤサイズ10×2.5インチメーカー保証6ヶ月~1年

BLAZE「EVスクーター」の特徴は、椅子が付いていて「立ち乗り」と「座り乗り」の2WAY乗りができるところ。

立ち乗り
立ち乗り
座り乗り
座り乗り

サイズが他社と比べてコンパクトのため運転しやすく、また駐輪場から取り出すときにスッと取り出せてストレスを感じません

販売店が全国47都道府県にあり、「メンテナンスできるお店が近くにない……」と頭を悩ますことがありません。

モーター出力規格が350Wで、坂道を登っているときにパワー不足を感じるときがありますが、

座り乗りができる、また購入後のアフターサポートの充実をたいせつにするなら、BLAZE「EVスクーター」がおすすめです。

\ポイント最大11倍!/
楽天市場で探す»
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す»

電動キックボードの選び方

電動キックボードの選び方

最高速度が30km/h出せる電動キックボードは、値段が10万円以上します。

買ってから「あのモデルにすればよかった…」と後悔しないために、電動キックボードの正しい選び方を紹介します。

公道走行が可能かどうか?

公道走行が可能かどうか? 確認しましょう。

こちらでお伝えしたように、電動キックボードの中には私有地や走行が認められた道しか走行できないモデルがあります。

私有地で乗れる電動キックボード
私有地なら子供でも乗れる電動キックボード

公道が走れないと利便性が悪いため、通勤や自宅近くの移動手段として電動キックボードを利用したいなら公道走行が可能なモデルを選びましょう。

バッテリー容量と充電方法

バッテリー容量と充電方法もたいせつなポイントです。

  • バッテリー容量:航続可能距離に影響
  • 充電方法:自宅で充電できるかどうか?

バッテリー容量が大きいタイプは、1回の充電で長い距離の走行が可能です。

バッテリーが取り外せないモデルの場合、自宅まで車体を持ち込んで充電する必要があります。

玄関先にコンセントがない、また電動キックボードを部屋まで持ち込むのが面倒な方は、脱着可能なバッテリーを搭載したモデルを選びましょう。

バッテリーだけ持ち込んで充電
本記事で紹介しているバッテリー脱着可能なモデル
ゆんともパパ
充電方法はめちゃくちゃ大切なポイントです

モーター

モーターの出力規格がいくつか? チェックしましょう。

モーター出力規格が高い電動キックボードほど馬力があり、坂道や向かい風が吹いていても減速することなく走れます。

折りたたみが可能かどうか?

コンパクトに折りたためると、駐車時にスペースを取らず便利です。

折りたたみ

また、車のトランクに積んで持ち運びできます。

イスが付いているかどうか?

公道が走れる電動キックボードには、椅子なしとありの電動キックボードがあります。

イスなしの電動キックボード
イス付きの電動キックボード

見た目的には、椅子なしのほうがスマートですが、

椅子ありの電動キックボードは、立ち乗りと座り乗りの2WAY乗りが選べる良さがあります。

できる限り楽に運転したいなら、椅子ありの電動キックボードを選びましょう。

タイヤの大きさ

タイヤの大きさは、安定感や走行の快適さに影響します。

  • タイヤサイズ大:安定感バツグン、地面からの衝撃を受けにくい
  • タイヤサイズ小:大きいモデルと比べると安定感が低い、地面からの衝撃を受けやすい

タイヤが小さい電動キックボードは、小回りがきくメリットがありますが、

走行の安定感や快適さはタイヤサイズが大きいモデルに軍配が上がります。

カギ

カギが標準装備されているか? 確認しましょう。

カギが標準装備されていないと、車体とは別に買い揃える必要があります。

電子キーが標準装備されていると便利

できる限り費用をおさえたいなら、カギが標準装備されているモデルを選びましょう。

メーカー保証・購入後のサポート

メーカー保証購入後のサポートも選ぶときに大切なポイントです。

メーカー保証期間が終わって修理する場合、場合によっては4~5万円の費用がかかることも…

また、自宅近くのお店でメンテナンスが受けれないとメーカーに発送して修理するため、2~3週間、電動キックボードが使えない生活を送ることになります。

価格やデザインに目が行きがちですが、メーカー保証や購入後のサポートがしっかりしているか? 確認することがたいせつです。

おすすめ電動キックボード
(タブごとに見れます)

当ブログ限定 1,000円OFFのクーポンを手に入れる方法は、こちら
  1. 公式サイトに行く
  2. 商品を選んでお買い物すれば、1,000円OFFが自動的に適用されます

公道走行が可能な電動キックボードのよくある質問

ここでは、公道走行が可能な電動キックボードのよくある質問にお答えしていきます。

免許不要の電動キックボードが知りたい

免許不要で乗れる電動キックボードは、23年7月からの運用になります。

現在、法改正に対応した電動キックボードを各社開発中です。

ラインナップが揃ってから、おすすめを紹介させていただきます。

ドンキの電動キックボードってどうなの?

ドンキホーテで売っている電動キックボードは、FUGU INNOVATIONS JAPANが発売しているモデルです。

本体価格4万円以下で買えるため、発売当時話題となりましたが、

法律で定められている保安基準が満たされいなかったころから、発売休止になった過去があります。(モデル:FG−ESR002BK)

こちらの比較表から分かるように、最高速度30kmを出せるモデルは10万円以上の値段設定ばかり。

ドンキに売っているモデルは安さは魅力的ですが、安全に長く乗るなら購入は控えたほうがよいでしょう。

電動キックボードで捕まった話を聞いたけど大丈夫?

原付区分の電動キックボードは、次のルール・条件を満たしていないと交通違反となり捕まります。

原付区分電動キックボードのルール
  • 運転免許の保有
  • ヘルメットの着用
  • 車道の走行(歩道走行は不可)
  • ナンバープレートの取り付け
  • 保安装置の装備
  • 自賠責保険の加入
公道を走るためのルール
原付区分の電動キックボード 走行ルール
必要な保安装置
原付区分の電動キックボード 必要な保安部品

原付区分の電動キックボードで免許不携帯の場合、反則金3,000円の罰則

無免許運転の場合は、3年以下の懲役または50万円以下の罰則が課せられます。

[ふきだし id=”12335″]ルールがちょっと複雑ですが、しっかりおさえておきましょう[/ふきだし]

特定小型原付の電動キックボードの場合、次の条件を満たしていないと道路交通法違反となり捕まります。

特定小型原付 電動キックボードのルール
  • 出力規格は600W以下
  • 最高速度が20km/h以下
  • サイズが190cm×60cm以内
  • 最高速度表示灯など、必要な保安部品の装備
特定小型原付の条件
特定小型原付 電動キックボードの条件

電動キックボードは、原付区分と特定小型原付でルールが異なります

道路交通法違反をしないため、こちらの記事を読んで正しいルールを理解しましょう。

歩道も走れる?

原付区分の電動キックボードは歩道走行できません

23年7月の法改正で新たに設けられた特定小型原付区分の電動キックボードは、下記の条件であれば歩道走行が可能です。

電動キックボードの歩道走行条件
  • 最大時速6km
  • 歩道走行モードに切り替える
  • 最高速度表示灯が緑色に点滅している
  • 歩道が走れるのは、普通自転車歩道通行可の標識がある道だけ

特定小型原付の電動キックボードはスピードを6km/h以下に落とせが歩道走行OKと思われがちですが、

普通自転車歩道通行可の標識がある道だけ認められる点に注意しましょう。

持ち運びできるケースが知りたい

電動キックボードの持ち運びにおすすめのケースは、こちら。

サイズが(L124cm*W22cm*H46cm)と他と比べて大きく、電動キックボードがバックの中にすっぽり収まります

まとめ

本記事では、時速30km/hで公道走行できるおすすめ電動キックボード5選をお伝えしました。

あらためて、比較表を載せておきます。

30km/hで公道走行可能な電動キックボード

スクロールできます
メーカー
モデル
画像価格バッテリー容量
航続距離
充電方法モーター出力タイヤサイズ重量メーカー保証椅子折りたたみカギ
SWALLOW
ZERO9
SWALLOW「ZERO9」159,300円13Ah
~40km
車体に直接繋ぐ600W9インチ19.6kg6ヶ月
(オプション)
Coswheel
MIRAI T
COSWHEEL「MIRAI T]176,000円10Ah
約30~40km
取り外して充電
or
車体に直接繋ぐ
500W10インチ25kg1年
YADEA
KS5PRO
YADEA「KS5PRO」182,600円15.6Ah
最大60km
車体に直接繋ぐ500W10インチ23kg1年
AINOHOT
H001
AINOHOT「H001」128,000円10Ah
約30~40km
車体に直接繋ぐ350W前 20インチ
後 16インチ
18.45kg1年
BLAZE
EVスクーター
BLAZE「EVスクーター」164,780円10.4Ah
~35km
車体に直接繋ぐ350W10インチ24.6kg半年~
1年

各モデル、特徴や強みが異なります。

下記を参考に、あなたにピッタリのモデルを見つけてください。

あなたにピッタリのモデルはこれ!

  • パワフルな走りができるモデルを探している:SWALLOW「ZERO9
  • 坂道が楽に登れて、イス付きモデルを探している:Coswheel「MIRAI T
  • 長距離走れる+操作しやすいモデルを探している:YADEA「KS5PRO
  • 手頃な値段安定感バツグンのモデルを探している:AINOHOT「H001
  • サイズがコンパクトで、イス付きモデルを探している:BLAZE「EVスクーター
時速30kmで公道OKなおすすめ電動キックボード5選!走行ルールや選び方も紹介

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次