BLAZE EVスクーターをレビュー!2つの乗車スタイルが楽しめる電動キックボード

当ページのリンクには広告が含まれています。
BLAZE EVスクーターをレビュー!2つの乗車スタイルが楽しめる電動キックボード
この記事のまとめ

当ブログ【ゆんとも】では、BLAZEの電動キックボード「EVスクーター」をレビュー!

実際に乗って感じたことや、評判・口コミも紹介しています。

自転車やバイクに代わる移動手段として注目を集めている電動キックボード

電動キックボードといえば、立ちながら運転する乗り物と思われがちですが、

BLAZEの電動キックボードは、「立ち乗り」と「座り乗り」の2WAY乗りが楽しめます。

BLAZE「EVスクーター」

当ブログ【ゆんとも】では、BLAZEの電動キックボード「EVスクーター」に乗った感想をレビューしています。

  • BLAZEの電動キックボードが気になる
  • 公道が走れるおすすめ電動キックボードを探している

上記の方は、当記事をぜひ参考にしてください!

BLAZE「EVスクーター」
総合評価
( 4 )
メリット
  • 2WAY乗りができる
  • サイズがコンパクトで乗りやすい
  • 防犯アラートが標準装備
  • コンパクトに折りたためる
  • 購入後のメーカーサポートが充実
デメリット
  • 急な坂道の場合、パワー不足を感じる
  • ウインカー音が小さい
  • 誤作動防止システムが付いていない
\ポイント最大11倍!/
楽天市場で探す»
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す»

▼動画版はこちら▼

ゆんとも
電動アシスト自転車・電動キックボードマニア
・これまでに乗った電動自転車は60台以上
・最近は電動キックボードにハマり中
・YouTubeでもコンテンツ配信中!
PANORAMA
タップできる目次

BLAZE(ブレイズ)の電動キックボード「EV SCOOTER」の概要

BLAZE(ブレイズ)の電動キックボード「EV SCOOTER」の概要

BLAZEEVスクーター」の仕様(スペック)は、次のとおり。

名称BLAZE「EV SCOOTER」
区分原付一種
サイズ
縦×横×高さ
展開時 1170x580x1000mm
折り畳み時 1100x225x420mm
タイヤ10×2.5
ブレーキ前輪・後輪:ディスク
重量24.6kg(バッテリー含む)
サスペンション前後あり
耐荷重120kg
モーター
出力規格
350W
航続距離 〜約35km
最高速度30km/h
バッテリー
容量
37V 10.4Ah
参照:BLAZE PORTAL SITE

各パーツをくわしく紹介していきます。

ハンドル

ハンドル周りの各パーツは、次のとおり。

ハンドル周りのパーツ

アクセルは、右ハンドルのアクセルレバーで操作します。

アクセルレバー

アクセルレバーを下に押し込むと、スピードが出るしくみになっています。

アクセルレバー

ウインカー操作は、左ハンドルのボタンで行います。

ウインカー

グリップはエルゴグリップで、手に吸い付くようにフィットします。

グリップ

ブレーキレバーは自転車と同じタイプで、握りやすいです。

ブレーキを握る

バックミラーは左右に付いていて、好きな角度に調節できます。

ミラー
細かい角度調節ができます

ハンドルの高さは、調節幅230mmの中で変更できます。

ハンドルの高さ調節
指差しの部分がクイックレバー
ゆんともパパ
ハンドルの高さが調節できるのはいいね!

アクセルユニット・モーター

アクセルユニットの見方は、次のとおり。

アクセルユニットの見方

アクセルユニットの電源を入れるには、次の操作が必要です。

操作ユニット電源を入れる方法
  • 本体の電源スイッチを入れる
  • セキュリティアラームを解除する

矢印ボタンを押すと、3段階のスピードモードが選択できます。

スクロールできます
ECOモード
ECOモード
MIDモード
MIDモード
HIGHモード
HIGHモード

各モードの最高スピードは、次のとおり。

  • ECO:0~10km/h
  • MID:0~20km/h
  • HIGH:0~30km/h

モーターは後輪駆動タイプで、出力規格は350W

後輪駆動モーター

モーターが後輪にあることで、後ろからグイッと押してもらえる感覚がえられます。

バッテリー

バッテリーは、デッキの中に内蔵されています。

バッテリー
バッテリーは足を置くデッキ内にあります

充電は、車体を自宅のコンセントに直接つないで行います。

充電している様子
充電時間は約3.5時間

玄関先にコンセントがない場合、充電には延長コードが必要です。

バッテリー容量は37V 10.4Ahで、最大航続距離は約35km

バッテリーに関する他の情報は、次のとおりです。

BLAZE「EVスクーター」バッテリー情報
  • 充電時間:約3.5時間
  • バッテリー寿命:約500回
  • バッテリー交換費用:「バッテリー価格¥49,280(税込)+ 別途工賃」

タイヤ・ブレーキ

BLAZE「EVスクーター」のタイヤは空気タイヤで、サイズは10×2.5インチ

タイヤ
10インチサイズ
タイヤの太さ
太さは2.5インチ

地面からの衝撃を吸収するサスペンションは前後に付いています。

フロントサスペンション
フロントサスペンション
リアサスペンション
リアサスペンション

雨が降った翌日でも快適に走れるよう、前後に泥除けカバーが付いています。

泥除けカバー

ブレーキは、前後ともにディスクブレーキを搭載。

ディスクブレーキ

ディスクブレーキは制動力が高く、止まりたいタイミングでしっかり止まれます。

ブレーキをかけると、ナンバープレートの上にあるテールランプが点灯します。

テールランプ
後ろの車にしっかり見えるサイズのテールランプ

その他のパーツ

サドルは、クッション性のある肉厚タイプ

サドル

サドルの高さは、調節幅100mmの中で変更できます。

サドルの高さ調節
指で指している箇所がクイックレバー

ライトはフルLEDライトで、前輪タイヤの上に付いています。

ライト

BLAZE「EVスクーター」を立てかけておくスタンドは標準装備されています。

スタンド
\ポイント最大11倍!/
楽天市場で探す»
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す»

BLAZE「EVスクーター」の良かったところ

BLAZE「EVスクーター」の良かったところ

BLAZE「EVスクーター」の良かった点をレビューしていきます。

2WAY乗りができる

BLAZE「EVスクーター」の一番の魅力は、「立ち乗り」と「座り乗り」の2WAY乗りができるところ。

立ち乗り
立ち乗り
座り乗り
座り乗り

電動キックボードは周囲の車や道路の状態を気にしながら走るため、長時間の運転は結構疲れるんですよね……。

BLAZE「EVスクーター」は、運転中にいつでも座れるサドルが付いていて、疲れ知らずの快適ライドが楽しめます。

座りながら運転

「信号待ちのちょっとした時間にサドルに座って一休み」といった乗り方もできます。

ゆんともパパ
サドルが肉厚でふかふかだから、めちゃくちゃ快適!

サイズがコンパクトで扱いやすい

BLAZE「EVスクーター」は、サイズが他社と比べてコンパクト設計になっています。

コンパクトサイズ

横幅がコンパクトサイズなことで、次のメリットがあります。

サイズがコンパクトのメリット
  • 駐輪場から出しやすい
  • 止まった状態で方向転換しやすい
  • 保管時、スペースを取らない

どれくらいサイズがコンパクトなのか? 具体的な数字をあげると、次のとおり。

スクロールできます
メーカー
モデル
BLAZE
EVスクーター
SWALLOW
ZERO9
COSWHEEL
YADEA
KS5 PRO

奥行
高さ
(展開時)
1170mm
580mm
1000mm
1100mm
700mm
900~1130mm
1180mm
680mm
1240~1390mm
1225mm
485mm
1250mm

数センチのことですが、乗り比べるとBLAZE「EVスクーター」の乗りやすさが分かります。

防犯アラートが搭載されているから安心

BLAZE「EVスクーター」は、防犯アラートが標準装備されています。

防犯アラート

BLAZE「EVスクーター」に乗るには、リモコンキーでセキュリティを解除する必要があります。

もし、セキュリティを解除しないで動かすと、車両の振動を感知したEVスクーターが警報を鳴らします

ゆんともパパ
結構大きな音でびっくりします

「防犯アラートはあくまで、一時的に離れる際の盗難防止機能」とメーカーは紹介していますが、

解除しないで車両を動かすと大きな音で知らせてくれるため、セキュリティ対策に十分すぎると感じました。

なお、電動キックボードの防犯対策を盤石にするには、防犯アラートと手動でかけるカギの併用をおすすめします。

コンパクトに折りたためる

BLAZE「EVスクーター」は、コンパクトに折りたためる電動キックボードです。

折りたたんだ状態

折りたたみに工具を使う必要はなく、慣れれば1分かからずできます。

コンパクトに折りたたんで、車のトランクに入れて持ち運べます

車のトランクに積んだ状態
ゆんともパパ
サイズがコンパクトだから、シートを倒さなくてOKだよ!

車のトランクに積めることで、旅先で電動キックボードを乗り回すといった楽しみ方ができます。

「重たくて持ち上げれない……」方には、BLAZE「EVスクーター」の車体下部に付いているローラーが大活躍。

コロコロ動かして移動

ハンドルを持って進めば、ローラーがコロコロ回って力を入れず移動できます

購入後のメーカーサポートが充実

BLAZE「EVスクーター」は、購入後のメーカーサポートが充実しています。

もしメンテナンスが必要になった場合、ブレイズ、もしくは近くの販売店(くわしくはこちら)に修理の依頼をすればOK。

整備・点検などのサービス・メンテンナンス実施後、再度納車されます。

電動キックボードでよく聞く話といえば、次のような話です。

  • 修理したいのに、自宅近くにお店がない
  • 修理パーツが取り寄せで、数ヶ月の時間がかかる

ブレイズの正規販売店は、47全都道府県にあります。

自宅近くに修理できるお店があるため、アフターケアを心配することなく購入できます。

(修理内容によっては、販売店での修理が難しい場合もあります)

\ポイント最大11倍!/
楽天市場で探す»
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す»

BLAZE「EVスクーター」の気になったところ

BLAZE「EVスクーター」の気になったところ

BLAZE「EVスクーター」の気になった点は、次のとおり。

急な坂道の場合、パワーがもう少し欲しいと感じる

BLAZE「EVスクーター」の出力規格は350W。

急な坂道を駆け上がるとき、「もう少しパワーが欲しいな……」と感じるときがありました。

パワー不足

平坦な道を走っているとき、パワー不足を感じることは一度もなかったです。

ただ、坂道が多い街に住んでいるなら、力強く登れる500W~600W規格モデルの方が途中で減速なく走れるでしょう。

ウインカー音が小さい

ウインカーを操作したとき、大きな音が鳴って作動を知らせてくれれば…… と思いました。

ウインカー

電動キックボードのウインカーは、車のウインカーのようにハンドルを戻したときOFFになる仕様になっていません。

自分ではウインカーを戻したつもりでも戻っていなくて、ウインカーを作動させたまま走っていることがよくあるんですよね……。

「走っていても、しっかり聞き取れる音で知らせてくれるウインカーだったら……」と感じました。

誤作動防止システムが付いていない

BLAZE「EVスクーター」は誤作動システムが付いていないため、

乗り慣れるまでは左ブレーキをしっかり握った状態でアクセルレバーを押す必要があります。

ブレーキレバー

この点は、慣れの問題で大きなデメリットではないですが、

「アクセル作動には5km/h前後のスピードが条件」であれば、電動キックボードが初めての人でも安心して乗れると感じました。

\ポイント最大11倍!/
楽天市場で探す»
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す»

BLAZE「EVスクーター」の評判・口コミ

ここでは、BLAZE「EVスクーター」に乗っている人の評判・口コミを紹介します。

スクロールできます

ネットで評判・口コミを調べたところ、「後悔した……」という口コミはゼロでした。

SNSの口コミからもBLAZE「EVスクーター」の満足度の高さが分かります。

\ポイント最大11倍!/
楽天市場で探す»
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す»

BLAZE「EVスクーター」をおすすめする人・しない人

BLAZE「EVスクーター」をおすすめする人・しない人

BLAZE「EVスクーター」をおすすめする人・しない人は、次のとおり。

おすすめする人
  • サドル付きのモデルを探している
  • 持ち運べるモデルを探している
  • 防犯対策付きのモデルを探している
  • サポートが充実しているメーカーを探している
おすすめしない人
  • パワーが強力なモデルを探している

「立ち乗り」と「座り乗り」、2つの乗車スタイルが楽しめる電動キックボードを探しているなら、BLAZE「EVスクーター」がおすすめです。

「運転、ちょっと疲れたな……」と感じたら、走っている途中でも「立ち乗り→座り乗り」に変更できます。

座り乗り

販売店が全国にあり、修理・メンテンスの心配がいらない点もBLAZEの魅力です。

\ポイント最大11倍!/
楽天市場で探す»
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す»

よくある質問

ここでは、BLAZE「EVスクーター」のよくある質問にお答えしていきます。

保証内容が知りたい

BLAZE「EVスクーター」の保証内容は、次のとおり。

  • 一年保証:本体、バッテリー(60%以下に低下しないこと) / アダプター / キー
  • 半年保証:モーター / ハンドル / サイドミラー / テール / ナンバー灯

保証を受ける際、自宅へ郵送の場合は自宅に到着した日から6ヶ月、又は1年になります。

走行距離が3,000kmを超えた際は期間に関係無く保証の対象外。

タイヤ・ブレーキ等の消耗品は、保証の対象外となります

修理が必要なとき、どうすればいい?

購入後のサポートは、電話・テレビ電話・メール・LINEなど利用可能な方法で対応してくれます。

バッテリーって交換できる?

バッテリーの交換は可能です。

BLAZE、または販売店に車両を預け、返送してもらう対応になります。

ナンバープレートって必要?

BLAZE「EVスクーター」を公道走行するには、ナンバープレートが必要です。

ナンバープレートは、BLAZEに依頼すれば代行登録してくれます。(要1~3週間)

自身で登録する場合は、住民票の登録のある市区町村の役所で申し込みしましょう。

まとめ

当記事では、BLAZE「EVスクーター」の特徴や、良かった点・気になった点をレビューしました。

BLAZE「EVスクーター」は、「立ち乗り」と「座り乗り」の2WAY乗りができる電動キックボードです。

サイズがコンパクトで、電動キックボードが初めての人でも安心して運転できます。

販売店が全国にあり、購入後のサポートが充実しているところも他社にない魅力です。

なが~く、安心して電動キックボードに乗り続けたいなら、BLAZE「EVスクーター」が絶対おすすめ!

\ポイント最大11倍!/
楽天市場で探す»
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す»
BLAZE EVスクーターをレビュー!2つの乗車スタイルが楽しめる電動キックボード

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次